埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会 会報 JUNO 174号
2024年(令和6年)4月10日 埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会 発行 ☆さいたま市大宮区高鼻町4-219
[埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会ホームページ]
[[友の会交流ブログ](会の活動を紹介)
[埼玉県立歴史と民俗の博物館ホームページ]

◆会からのお知らせ◆◆

埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会の総会を開催します。
午後は講演会です。会員の参加をお願いいたします。

  • 日時: 2024年(令和6年)5月26日(日)10時~11時30分
  • 場所: 埼玉県立歴史と民俗の博物館講堂
  • 内容:
    1. 2022~23(令和4~5)年度事業・決算報告
    2. 2024(令和6)年度事業計画・収支予算案
    3. 役員改選 その他
  • 午後(13:30)は講演会になります。(講師 ものつくり大学教授 横山晋一先生 テーマ 「日本の寺社建築─その保存と将来」)

今後の会報の発行について

今号・2024年4月以降は、基本を「Web会報」とし、会員宛てに送信する「Eメール方式」によるデジタル会報を2か月に一度のペースでお送りする予定です。●博物館からの寄稿や会員の皆様からの投稿は「Web会報」でも変わらず掲載できます。分量に縛られず、写真なども綺麗に掲載できますので、ぜひお寄せください。●毎年、12月と翌年2月には会費の「振替払込用紙」と新年度の「会員証」の送付がありますので、会報を印刷し、郵送による発送を行います。●定期的な会報とは別に、これまでお送りしていましたEメール形式でのお知らせは今後も必要に応じてすべての会員宛てに継続させていただきます。この会からのEメールに対しては直接の返信はとどきませんので、ホームぺージなどに記載してある<友の会への連絡フォーム>でご連絡ください。
●【注意】Web会報や会報連絡Eメールが届かない、あるいは不都合がある方は<友の会への連絡フォーム>でご連絡ください。

博物館ロビーの友の会「受付」について

2024年1月より博物館ロビーでの「友の会受付業務」を再開しています。原則として毎週日曜日だけになります。

友の会への連絡は「指定のフォーム」でお願いします(友の会への直接の電話連絡はできません)
博物館の行事は、直接、博物館に連絡をお願いします。

友の会の活動についての質問や参加の申し込みは必ず友の会の指定のフォームからするようにお願いします。また、埼玉県立歴史と民俗の博物館(以下博物館)自体が行う講演会や見学会については博物館の規定に従って連絡をしてください。

友の会への連絡フォーム]

◆開催した行事の報告◆

◆今後の予定◆
(それぞれの規定にしたがってご応募ください)

 ■埼玉県立歴史と民俗の博物館 新年度の人事異動です。


1 役職定年者・退職者(3人) お世話になりました。
 職名 氏名 新所属と職名
 館長 末木 啓介 文化財・博物館課 史跡・埋蔵文化財担当 主幹
(企画、学習支援、展示、資料調査・活用担当) 副館長 岡本 健一 さきたま史跡の博物館 資料・展示担当 学芸主幹
(展示、資料調査・活用担当)主席学芸主幹 加藤 かな子

2 転出者(7人)お世話になりました。
 職名 氏名 新所属と職名
(企画、学習支援担当)主席学芸主幹 野中 仁 さきたま史跡の博物館 館長 (兼)嵐山史跡の博物館長
(施設担当)担当部長 奥木 敬司 上尾高等学校 事務部長
(学習支援担当)担当課長 木村 真輔 鴻巣市立吹上小学校 教頭
(展示担当)主任学芸員 根ケ山 泰史 文書館 古文書担当 主任学芸員
(施設担当)主任 若林 和弘 大気環境課 企画・監視担当 主任
(学習支援担当)学芸員 町田 歩未 文化財・博物館課 指定文化財担当 主事
(資料調査・活用担当)学芸員 鈴木 一史 文書館 史料編さん担当 学芸員

3 転入者(11人)よろしくお願いいたします。
 職名 氏名 旧所属と職名
 館長 栗岡 眞理子 さきたま史跡の博物館 館長 (兼)嵐山史跡の博物館長
(総務、施設担当)副館長 細野 仁 義務教育指導課 総務・教科書担当 副課長
(企画、学習支援担当)主席学芸主幹 内田 幸彦 文化資源課 指定文化財担当 主幹
(展示、資料調査・活用担当)主席学芸主幹 井上 かおり 文書館 古文書、史料編さん担当 主席学芸主幹
(総務、施設担当)担当部長 小久保 達夫 熊谷図書館 総務担当 担当部長
(企画担当)主任学芸員 服部 武 嵐山史跡の博物館 学芸担当 主任学芸員
(学習支援担当)担当課長 石川 麻裕子 独立行政法人国立女性教育会館事業課 専門職員
(施設担当)主任 西村 典晃 文化振興課 芸術文化振興財団派遣 技師
(企画担当)主任 大見 薫 総務課 人事(事務局等)担当 主任
(学習支援担当)学芸員 尾崎 沙羅 文化資源課 史跡・埋蔵文化財担当 主任
(資料調査・活用担当)学芸員 駒見 敬祐 文書館 史料編さん担当 学芸員

4 新採用職員(2人)  
(総務担当)主事 国崎 智
(学習支援担当)学芸員 原 綾音

5 館内配置換(1人)
(展示担当)学芸員 木村 遼之 (企画担当)学芸員

 ■埼玉県立歴史と民俗の博物館 新年度の各担当です。


 担当 職名 氏名 フリガナ

館  長 栗岡 眞理子 クリオカ マリコ
副館長 細野 仁 ホソノ ヒトシ
担当部長 小久保 達夫 コクボ タツオ
主  任 森 寿子 モリ ヒサコ
主  任 富田 瑞季 トミタ ミズキ
主  任 藤本 貴博 フジモト タカヒロ
主  事 国崎 智 クニサキ サトシ
会計年度任用職員 蝦名 能稔 エビナ タカトシ
主  任 真中 博行 マナカ ヒロユキ
主  任 西村 典晃 ニシムラ ノリアキ
主  事 関根 嵩弥 セキネ タカヒサ
主席学芸主幹 内田 幸彦 ウチダ ユキヒコ
担当部長 金子 雅則 カネコ マサノリ
主任学芸員 服部 武 ハットリ タケル
主  任 大見 薫 オオミ カオル
主  事 髙橋 優美 タカハシ ユミ
担当課長 石川 麻裕子 イシカワ マユコ
担当課長 後藤 陽翔 ゴトウ アキト
学芸員  尾崎 沙羅 オザキ サラ
学芸員 中島 萌 ナカジマ モエ
学芸員 小松 和史 コマツ タカフミ
学芸員 原 綾音 ハラ アヤネ
主席学芸主幹 井上 かおり イノウエ カオリ
学芸主幹 池田 伸子 イケダ ノブコ
主任学芸員 戸邉 優美 トベ ユミ
学芸員 西川 真理子 ニシカワ マリコ
学芸員 木村 遼之 キムラ リョウジ
学芸員 井上 海 イノウエ ウミ
学芸員 別所 鮎実 ベッショ アユミ
学芸員 黒田 千尋 クロダ チヒロ
学芸員 佐藤 夏美 サトウ ナツミ
学芸員 片山 健太郎 カタヤマ ケンタロウ
会計年度任用職員 篠﨑 彩乃 シノザキ アヤノ
主任学芸員 大橋 毅顕 オオハシ タケアキ
学芸員 濱田 翠 ハマダ ミドリ
学芸員 駒見 敬祐 コマミ ケイスケ
学芸員 田口 志織 タグチ シオリ

◆イベント案内◆ (規定にしたがってご応募ください)

* 情報は更新される可能性があります(イベントの募集終了・延期・中止など)。
* 実際の申し込みはこちらのリンクからお願いします →[ホームページのイベント案内]。

【区分】

■主催 講演会■

【テーマ】

日本の寺社建築─その保存と将来

【講師】横山晋一先生(ものつくり大学教授)
【詳細】日本建築史、近現代建築史、保存修復学を専門とする横山先生は、神社やお寺など日本国内に所在する歴史的建造物の修復設計監理並びに調査研究に携わってきました。埼玉県行田市にキャンパスをおく「ものつくり大学」では、地域に根付く歴史的建造物の保全にも研究室を挙げて参画し、風土に適した木造建築の構工法等を実習や設計を通じて学び、第一線で活躍できる建築技術・技能者の育成を行っています。今回は、日本の寺社建築の現状とその将来についてお話しいただきます。
【日時】令和6年(2024年)5月26日(日)13時30分~15時
【場所】埼玉県立歴史と民俗の博物館・講堂(東武アーバンパークライン=東武野田線=大宮公園駅下車)
【費用】参加費 500円
【申込】 ①[ 申込フォーム]
②「往復はがき」で「埼玉県立 歴史と民俗の博物館友の会宛て」に、自宅住所・会員番号・氏名・住所・電話番号を明記の上、お申し込みください。【締切期日:5月20日】

[TOPへ]

【区分】

■ 円空仏研究会 ■

【概要】加須市大聖院の円空仏・不動明王像拝観。
大聖院の円空仏は総高29.2cmの不動明王座像で、小像ながら丁寧なつくりで気品よくまとまった像です
【日時】4月28日(日)午後1時~3時30分頃・写真撮影可
【集合】東武伊勢崎線加須駅改札口周辺 1時出発 雨天開催
【行程】加須駅⇒千方神社⇒大聖院⇒龍蔵寺⇒加須駅(解散)
【費用】拝観お礼代など800円(円空仏を大切にお守りされている方への感謝のお礼です)
【その他】大宮駅12時11分発(宇都宮線)⇒久喜駅(東武伊勢崎線)12時38分発⇒加須駅12時49分着/春日部駅12時26分(東武スカイツリーライン) ⇒久喜駅(東武伊勢崎線)12時38分発⇒加須駅12時49分着
【問合せ】斉藤 090-4965-8275
【申込】 [ 申込フォーム]
①友の会ホームページより申し込み
②Eメール 斉藤fumitaka51@tbz.t-com.ne.jp

[TOPへ]

【区分】

■ 古代文化を考える会(第14回) ■

【テーマ】

「天智王権」の復活

【概要】
前回の講演会では「朱鳥」などの年号問題、『懐風藻』の記述、「藤原京」の造り直し、更に『万葉集』の検証などから「高市皇子は天皇」であったこと、「長屋王」も長屋王邸遺跡、長屋王家木簡という物的証拠や文献『日本霊異紀』から「親王」であったこと、更に729年に起きた政変「長屋王の変」は「辛巳事件」などをきっかけとする「聖武天皇」の陰謀によるものであったことなどをお話し頂いた。 今回はもう一方の「持統天皇から聖武天皇」についてお話し頂く。持統は天武天皇に敵意を抱き、父天智天皇の方に思いを寄せており、天智天皇の名誉回復は「天智王権」の復活にあった。696年に高市天皇が崩御すると、皇太后であった持統は長屋親王に対して天皇と同格にすることを条件に強引に即位する。そして翌年には孫の「軽皇子(文武天皇)」に譲位し、自分は「太上天皇」として文武天皇に「天智天皇」の名誉回復を指示している。持統は「天皇位」を「天武王権」から「天智王権」に移すために即位したのである。持統天皇は即位して改元する時に「皇極天皇」の「大化」年号を建てているが、佃説は「天智王権」が皇極天皇から続いていることを示したかったのであろうという。また「天智王権」が永劫に続くために考案された法「不改常典」は元明天皇の即位の宣命に始まるが、その発案者ともいわれ、長屋親王の即位を阻止する。「天武王権」は持統天皇の策略の前に屈した。
『日本書紀』は673年2月に天武天皇が即位すると持統が皇后になると記す。しかし天武が即位するのは661年で、皇后は683年の薨去まで「鏡王の娘額田姫王」である。また「薬師寺」は「持統皇后」の病気平癒のために680年に創建されたもの言われるが、皇后は「額田姫王」で、「薬師寺」は「額田姫王」のために建立されたものという。更に定説では「野口王墓古墳(大内陵)」は天武・持統天皇の合葬陵と言われているが、佃説では天武天皇と合葬されているのは皇后「額田姫王」とする。大変興味深い説である。なお『日本書紀』は「巻三十 高市天皇紀」を「巻三十 持統天皇紀」とし歴史を歪めている。
持統天皇に続く文武、元明、元正天皇についてはどんなお話となるのだろうか。二人の女帝のうち特に元明天皇の治世に関心が向く。聖武天皇には遷都を繰り返すなどの謎の行動がみられるが、長屋王の祟りを恐れた不安な心の表れと取れなくもないがどうであろうか。
【日時】2024年(令和6年)5月12日(日) 13 時~16 時
【場所】 埼玉県立歴史と民俗の博物館講堂(東武アーバンパークライン=東武野田線=大宮公園駅下車)
【講師】佃 收 先生
【費用】参加費 500円 、本代(早わかり「日本通史」)1,000円
【問合せ】斉藤 048-853-6728
【申込】 ①[申込フォーム]
②ハガキによる場合:会員番号・氏名・住所・電話番号・「古代文化を考える会」の講演会参加を明記し、「〒338-0811 さいたま市桜区白鍬776-5 斉藤 亨」宛お申し込みください。【締切期日:5月5日】

[TOPへ]

【区分】

■ 古道探索倶楽部 ■

【内容】第41回古道を訪ねて 中山道を行く(第6回)
【日時】2024年(令和6年)5月18日(土) 集合9時30分~解散15時30分頃
【集合】JR高崎線 鴻巣駅改札口周辺 9時30分
【行程】JR鴻巣駅―法要寺―鴻神社―池元院―箕田一里塚跡―箕田観音堂―宝持寺・龍昌寺・箕田氷川八幡神社―地蔵堂―箕田追分―JR北鴻巣駅――龍昌寺―前砂一里塚跡―妙徳地蔵堂―JR吹上駅
【その他】歩行距離は約11㎞、史跡巡りを入れると12㎞です。弁当と飲み物は必ず事前にご用意願います。雨具もお忘れなく。
【費用】資料代等・参加費500円
【申込】 4月10日より受付開始、先着30名様で締め切らせていただきます(可否は連絡いたします)。
[ 申込フォーム]
①友の会ホームページより申し込み
②普通葉書に氏名・住所・会員番号・電話番号(ご自宅・携帯とも)を明記して〒330-0073 さいたま市浦和区元町3-32-25-202 寺内慎一宛
【問合せ】前日まで寺内 090-1545-2848 当日小俣(おまた)090-3436-9017

【区分】

■ まち歩きクラブ ■

【内容】

大森と中里─東京の2大貝塚をまわる

【概要】 JR京浜東北線は縄文時代の東京湾に沿って武蔵野台地の底縁を走っていますので、沿線にはいくつもの貝塚遺跡があります。その中の2つの有名な貝塚を回ります。移動にはJR線を利用します。 「大森貝塚」(国指定史跡)は1877年(明治10年)、アメリカから来日したエドワード・モースにより発見され、日本初の学術的な発掘調査が行われた場所で、別名“モース貝塚”とも呼ばれ、また「日本考古学発祥の地」と言われます。大森駅のホームには「日本考古学発祥の地」の立派な碑がたてられています(右写真)。 近くの品川歴史館は今年4月にリニューアルオープン、大森貝塚や東海道品川宿、鉄道などの歴史や文化が学べます。駅前の道路(池上通り)は、古東海道で、前回のまち歩きで訪ねた「品川・高輪の二本榎通」につながっています。近くにいくつもの寺社がありますが、今回は鹿島神社・日枝神社・天祖神社をまわります。昼食休憩後、JR線で上中里駅に移動(約30分)。日本最大級の貝塚といわれる「中里遺跡」を見学したあと、JR線で王子駅に移動(ひと駅、約2分)。飛鳥山博物館で中里遺跡の発掘資料や東京湾で唯一完全な形で中里遺跡から発掘された丸木舟などを見学後、王子駅で解散します。
【行程】 大森駅→大森貝塚遺跡①→品川歴史館→大森貝塚遺跡②遺跡公園(ここで昼食休憩)→鹿島神社・日枝神社・天祖神社(池上通=旧東海道)→大森駅→(JR線)→上中里駅→中里遺跡→(JR線)→JR王子駅→王子博物館→王子駅(解散)
【その他】 一部、段差のある場所を歩きます。食事は各自ご用意ください。
【日時】2024年(令和6年)6月14日(金) 10時~15時頃 (予備日=6月15日(土)10時~)
翌日(6/15)を「予備日」とします。開催日が雨風など悪天候で中止の場合、予備日に変更します。開始時間や内容は同じです。予備日への変更は2~3日前までにEメールとホームページで連絡します。予備日に参加できる場合、連絡欄に「予備日にも参加」と記入お願いします。
【集合】2024年(平成6年)6月14日(金)JR京浜東北線・大森駅 午前10時 中央改札前集合
【費用】交通費は各自負担。保険と参加費用:300円
【申込】 [申込フォーム]
【問合せ】090-1990-4807 つくい


[TOPへ]